ニュース一覧

高齢者の食事に悩んだら

老人

高齢者の食事と栄養補給

人は誰でも高齢になると若い頃と比べて顎の筋肉の力や歯が弱まってきます。食事の際に噛む力が弱まっていると食べ物の栄養分を完全に消化出来ず、「低栄養」という状態になる方が増えてきます。また、スムーズに飲み込めないため、喉に詰まらせたり、誤って気管に入る「誤嚥性肺炎」を引き起こす恐れがあります。健康を維持するためにも安全に食べられるようするためにも、介護を受けている高齢者のみならず、高齢者には特別な調理方法を施した食事が必要となってきます。それが最近通販商品として利用者が増えている「やわらか食」と呼ばれるものです。やわらか食は介護食と呼ばれるものの中で、噛む力が弱まってきた方、歯が弱い方が食べ易いように開発された食事の一つです。食材を舌で崩せるように柔らかく煮込んだり茹でたりしてあります。噛む力、飲み込む力が衰えてくると食べ物の栄養素を十分に吸収出来ず、栄養不足になったり、消化不良を起こして胃や腸に大きな負担をかける事になります。やわらか食はそうした心配を解消するための食べ物です。やわらか食はまた、ただ普通の食べ物に比べて柔らかいだけでなく、見た目の美しさや味の良さについても考え抜かれています。体に良い食事は健康の源であり、毎日の元気の源でもあります。通販で人気のやわらか食は栄養士や調理師が長い時間をかけて考えて開発されたものです。毎日の献立を考えたり、食事を作ったりする事は主婦の大きな負担です。それに加えて高齢者向けの食事をさらに別に作るとなるとその苦労は並大抵のものではありません。通販のやわらか食などの介護食サービスを上手に利用する事により、そのような負担も大幅に減らす事ができます。

Copyright© 2018 介護に適した食事を与える【栄養素の補給やエネルギー量】 All Rights Reserved.