ニュース一覧

加齢による老化現象

食事

噛む力と飲み込む力

アンチエイジングという言葉が周知され、加齢による様々な老化現象を遅らせるための知識と技術が巷にはたくさんあります。老化現象は体のいたるところにあらわれてきますが、中でも重要視されているのが口の中です。普段はあまり意識されていないのですが筋肉は体中のあらゆるところに存在し、口の中も例外ではありません。舌や顎そして喉といった全ての部位に存在していますが、加齢でこれらの筋肉もやせ細り弱ってしまうことがあります。そうすると噛むという動作の咀嚼機能と、飲み込む動作の嚥下機能が低下してしまうので、体に必要な栄養が摂食できなくなるのです。人の体はタンパク質や脂肪、炭水化物などの栄養を常に摂取していないと、体力が衰えるだけでなく疾患にもなります。そこで考え出されたのが、咀嚼機能と嚥下機能が低下しても容易に摂取できるやわらか食という食事です。やわらか食が市場に出回る前は、きざみ食や流動食がメインの食事としていましたが見た目や噛み応えのないことを、不満に感じた利用者のために考案されました。今では多くの企業がやわらか食という市場に参入し、多彩なメニューを考案して利用者も増加傾向にあります。内容はカロリー計算とタンパク質の量なども、バランスを考えて作られて食欲をそそる見た目に整えられているのが魅力です。やわらか食は専用の器具を使った特殊な調理方法で作られているので、一般家庭で同じ食事を作るのは難しいのです。市場が拡大しているので、洋食和食と好きなのを選ぶことができるのも利用しやすい点になります。初心者ならば最初はお試し感覚の、少量タイプの申し込みを推奨します。

Copyright© 2018 介護に適した食事を与える【栄養素の補給やエネルギー量】 All Rights Reserved.