ニュース一覧

食事で悩まない在宅介護

介護士と老人

上手に外部の力を借りる

医食同源とも言われ、食は人が生きていく上で何よりも重要なことです。一般的には、栄養を得ることや、家族や友人との団らんのためのものでもあります。ところが、病気や加齢により介護が必要になってしまうと、食の確保が非常に難しくなります。食が細くなると途端に体力が失われ、最悪の場合命が短くなるということもあります。ですから介護をする家族等にとっては、いかに食事を取らせるか、ということが大きな悩みとなっていきます。また、介護が必要な人も、食べる喜びを得れれば、それは生きる喜びにもなります。そこで、双方にメリットが得られるよう、上手にやわらか食を使うという方法があります。やわらか食とは、介護食の一種です。とはいっても、流動食といったようなものではなく、固形の食事であることがポイントです。なおかつ、「歯茎でつぶせる」「噛まなくてもいい」など、咀嚼機能が低下している人にとって好まれる食事です。家庭で作る場合は、やわらかいご飯やミンチ肉を使った料理、人参などの煮物などがあげられます。また、現在では、配食サービスでやわらか食に対応している業者も増えてきました。業者については、地域包括支援センターや担当のケアマネジャーなどに情報提供を依頼すると良いでしょう。さらに、ドラッグストアなどでも介護食のコーナーにやわらか食を販売している店舗が多くなりました。介護する人にとって食事作りは本当に大変です。自宅で作るだけではなく、上手に外部の力を借りて、やわらか食を介護を受ける人に提供することも選択肢の一つに入れてみると良いでしょう。

Copyright© 2018 介護に適した食事を与える【栄養素の補給やエネルギー量】 All Rights Reserved.