老人

高齢者の食事に悩んだら

高齢者になると噛む力や飲み込む力が弱ってきます。そのため必要な栄養を十分に摂れなかったり、喉に詰まらせたりする危険性が出てきます。やわらか食はそんな心配を無くすために開発された商品で、上手に利用する事により家事の負担も減らす事が出来ます。

ニュース一覧

食事

加齢による老化現象

年齢を経るにつれ体のあらゆる機能が、弱っていくのですが特に重要視するべきなのが口の中の健康です。噛む力と上手に飲み込むことが難しくなってくると、食べることそのものが高齢者の負担になります。美味しく食べてもらうためにも、やわらか食という存在を利用していただきたいのです。

介護士と老人

食事で悩まない在宅介護

やわらか食を取り入れることで、介護者の負担を軽減することができます。家庭では食事の準備が大変でも、配食サービスやドラッグストアの介護食コーナーなどを上手に使えば簡単に健康的で安全性の高い食事を用意できます。

お弁当

高齢者のサービス

高齢化社会を迎えた日本では、様々な介護サービスを受けることができますが、高齢者のための食事であるやわらか食を宅配してくれるサービスが増えています。やわらか食の宅配は食事を作る手間を省けるだけでなく、栄養面や味付け、食べやすさもしっかり考慮されている便利なサービスなのです。

ご飯

簡単に食事を楽しめる

以前よりも噛む力でが低下して美味しく料理を食べる事ができなくなってしまったという人の悩みにこたえているのがやわらか食です。どの料理もやわらかくかつ美味しく味付けをしてあるので安心して食べる事ができます。

介護食品の選び方

ご飯

咀嚼力や嚥下力に合わせて

高齢になって咀嚼力が落ちたり、飲み込みにくくなったり、入れ歯が合わずに噛めなくなったりすると、やわらか食のニーズが生じます。ご家庭でやわらか食を手作りしようと思えば、手間もかかり、介護の時間も割かれてしまいます。また、せっかくやわらか食を作っても思うように食べられなかったり、味が合わないなどで食べてもらえなければ栄養不足やカロリー不足も生じ、体も弱ってしまいます。毎食ではなくても時に市販のやわらか食を利用することで、身体の介護などに時間をかけることができ、栄養素の補給やエネルギー量などの確保も容易になります。気を付けたいのは介護が必要な方の咀嚼力や嚥下力に合った製品であるかという点です。美味しそうとか、高齢者が好きそうといった料理名などだけで選んでしまうと、思うように食べられなかったり、逆にやわらかすぎて食感が悪い、味覚に合わないと食べるのを拒否されてしまいます。やわらか食には大きく4つのレベルがあり、「容易にかめる」「歯茎でつぶせる」「舌でつぶせる」「噛まなくてよい」に分かれ、順にやわらかさが増していきます。入れ歯が合わない、硬い物や大きなものが食べにくいなら「容易にかめる」でも対応できますし、歯が欠損したり咀嚼力が少し弱くなったら「歯茎でつぶせる」、水やお茶でも飲み込みにくいことがあるなら「舌でつぶせる」、水分も飲み込ずらく噛む力や意欲もなくなってしまった状態なら、ペースト状までやわらかくした「噛まなくてよい」がおすすめです。最近では、このような介護食を生協のようなスーパーなどで購入することも可能となっています。大阪にある生協では、購入したものを自宅まで届けてくれる個人宅配のサービスを行なっています。身体の不自由な人やなかなか買い物へ行けない人などが利用することで、介護食や自分の欲しいものを手に入れられます。なので、気軽に利用するとよいでしょう。

Copyright© 2018 介護に適した食事を与える【栄養素の補給やエネルギー量】 All Rights Reserved.